3月, 2014

記憶に刻まれた日

3月に入ったというのに、まだまだ寒い日が続きます
あの雪に閉ざされた2月の爪痕は、未だ町のあちらこちらに残り
山肌は白い化粧のまま・・・
吹く風は冷たく思わず身体をひそめる
春の訪れを待ち侘びながらも、今日3月11日を迎える
あの震災から丸三年
時は流れても想いは刻まれる

映画のような、あるはずのない現実が存在することを
「9.11」の時もそうだったように「3.11」の日も
それを目の当たりにした。
人災そして天災・・・

何気ない毎日の先にどんな明日があるかなんて
誰にも予測できない
だから今日を大切に生きる
怖れることなく凛と立ち向かえる自分でいたい

あの日から私は強くなった

写真のデータの中に私の2011.3.10~11の一日がある
私にとって代え難い大切な写真になった

namiブログ

穏やかに晴れ渡る空を見ながら
心の中で手を合わせる